Resource of Store App for globalization

Store app のリソースとグローバリゼーション

リソースを扱う仕組みは、XAML AppもHTML 5 Appも同じく、リソース~リソースマネージャ~CLRオブジェクト(またはDOM)の操作によって行うので、グローバリゼーションを考慮した作りにしておくと有用です。

一方、業務ロジックに依存した視覚制御は、コードビハインドでなく、View ModelやControllerといった業務ロジック制御部分にて行うことでひとつの処理でソースコードを行き来することなく可読性、保守性の良いプログラムを作成できます。

そのため、バインド + 通知によって視覚を変更することで、グローバリゼーションに対応したリソースの転送フローを設計することができます。

詳細な解説を行っておりますので、リンク先の資料を参照してください。

日本語資料

About takao

I'm Microsoft MVP since June 2010.