VSALM3:ソース管理

ALM(Application Lifecycle Management)で重要な要素にバージョン管理があります。ALM管理ツールのバージョンの管理として「イテレーションに紐づける方法」や「ユーザーストーリーに紐づける方法」、「フィーチャーに紐づける方法」などがあると思いますが、プログラマーが主体となってバージョンを管理する場合、ALMツールの「フィーチャーに紐づける方法」によって、ソース管理ツールのリポジトリの「features」と連動させます。しかし、このケースでは「masterへのマージまで複数のリビジョンやビルドが残りドキュメントとの整合に工数がかかる」、「イシューが残ったままバージョンインクリメントが発生し、イシュー管理が困難」といった問題を抱えるケースが少なくありません。

バージョン管理をALMツール側の「ユーザーストーリーに紐づける方法」によって、ユーザーストーリーに「masterへのマージ」をタスクとして入れる方法は、製品バージョンに同期した文書管理やリリース判定テストを煩雑にしないひとつの手法です。この場合、製品バージョンとプログラムソースのバージョンの動きはユーザーストーリー進行中は連動しませんが、ユーザーストーリーのClose時に製品とソースコードのマイナーバージョンレベルの一致が容易です。マネージャーレベルの担当者は、常に製品とソースコード管理を意識する必要があります。

バージョン管理ツール

バージョン管理ができるツールにはいかのようなものがあります。

ビルド

ビルドツールには以下のようなものがあります。

カバレッジツール

カバレッジツールには以下のようなものがあります。

ユニットテストツール

ユニットテストツールには以下のようなものがあります。

統合開発環境

統合開発環境は前述の各種ツールと連携をとれるものが一般的です。統合開発環境には以下のようなものがあります。

About takao

I'm Microsoft MVP since June 2010.